This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマ資格取得後のアドバイス > アロマを活かしている分野 > 医療

医療

医療分野では、ホリスティックなアプローチが注目されていて
アロマセラピーを取り入れる施設が増えてきました。
おなじみの西洋医学に加えて、あくまでサポートするという使い方で
芳香浴やトリートメントが取り入れられています。

産婦人科では、妊婦に対して有効な効果を持つ精油で、
つわりや不快感を和らげてリラックスできる環境を作るためのケアや
逆に使ってはいけない精油を指導します。
精神科では、それぞれの症状にあわせたトリートメントや
香りでその症状を緩和するなどに使われます。
最近では、耳鼻科で花粉症対策に精油が使われることもありますよね。

医療機関での注意としては、医薬品でないことを常に念頭において
使用したり、アドバイスしなくてはいけません。
また症状を悪化させる場合もありますので、
正しい知識を身につけて、注意を払って専門医と相談した上で
安全に、有効な使い方をしていかなくてはなりませんね。

cms agent template0035/0036 ver1.001