This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマ資格取得後のアドバイス > アロマを活かしている分野 > 福祉

福祉

福祉施設で今一番増加しているのは、老人介護施設、老人ホームなどです。
高齢化社会といわれる今を、象徴していますね。
入所しているおじいちゃん、おばあちゃんに健康に過ごしてもらうために、
足浴やトリートメントのケアを取り入れてる施設も増えてきました。
足浴は、全身浴は無理な高齢者でも、座ったままで大丈夫ですし
足をキレイに保ち、血行促進を促します。
殺風景な施設内にも、精油の温かで柔らかな香りを香らせることによって、
心を和らげたり、寂しさを緩和して、よい環境作りをサポートします。
良い香りは、働いている人にもよい効果を与えますよね。

注意すべきことは、高齢者であるため、精油の扱いにはより慎重に
体調の管理には最大限の注意を常にしなければなりません。
不調な部分を刺激しないように、精油の成分を熟知しましょう。

年をとっても女性のお洒落心は衰えません。
ちょっとしたお化粧が、その人をぐんと活力付けることも実証されています。
男性もいつまでも若々しさを保てたら、ステキですよね。
福祉分野でのアロマセラピーは
これからもっと求められ、広がってていくことでしょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001