This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマ資格取得後のアドバイス > 資格の取得後はどうする? > アロマに関わる人の心得

アロマに関わる人の心得

アロマセラピーアドバイザーの心得として、
日本環境協会が挙げている心得を紹介します。
アロマセラピーアドバイザーだけでなく、
アロマセラピーに関わる人全てが心がけるべき事柄です。

1・精油は医薬品や化粧品ではではありません。
 「〜に効く」「〜に良い」など医薬品のような効果や効能を
 うたわないようにしましょう。

2・アロマセラピーに適した精油を正しく理解し、
 取り扱いの注意点を的確にアドバイスしましょう。

3・子供や既往症、妊婦、産婦に対して適切なアドバイスを心がけ、
 体の状態に合わせて使えば、危険性はないということを伝え、
 不安ばかり与えないようにしましょう。

4・手作り品をむやみに販売したり、提供してはいけません。
 法律違反になる恐れがあります。
 使う場合も、あくまで自己責任であるということを
 絶対に忘れないでください。

5・常に精進して最新の情報・技術を集める努力を怠らないこと。

cms agent template0035/0036 ver1.001