This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマ資格取得後のアドバイス > 資格の取得後はどうする? > アロマ関係の資格

アロマ関係の資格

職業としてのアロマセラピーの資格の現状としては、
国家資格などは特にありません。
唯一、業界の標準として、アロマセラピー検定を主催する
日本アロマ協会が認定している3つの資格があります。

<アロマセラピーアドバイザー>
アロマ関係のグッズを販売する

<アロマセラピーインストラクター>
アロマセラピーを教える

<アロマセラピスト>
アロマセラピーのトリートメントを行う

大きく、この3つの資格に分けられます。
行為によって分類しただけですから、複数取得している人もいますし、
他のジャンルの資格と組み合わせて、
アロマセラピーを活かしている人もたくさんいらっしゃいます。

取得しなければ、その仕事ができないというわけではありませんが
業界の基準として資格認定があると、
一定基準を満たした知識や技術レベルがあるという証明になります。

また。協会に入会しなければ、これらの上位資格の認定を
受けることができませんので注意してくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001