水溶性の基材

精油をアロマランプで使うときなど、
水を張った更に精油を垂らすと、見事に分離しますよね。
水溶性の基材なんて向いてないとも思いますが、
アルコール基材で溶かしたものを、
更に水性の基材で薄めるという使い方があります。
部屋にスプレーするデオウォーターやアロマスプレー、
化粧水、アロマバスなどにこの方法を使います。

<水(ミネラルウォーター、精製水)>
ミネラルウォーター、精製水、蒸留水など。
部屋にまくスプレーや、アロマランプ、アロマバスに使う場合は
水道水で問題ありません。
ミネラルウォーターは高度が高いものは化粧品には向きません。

<芳香蒸留水>
水蒸気蒸留法で得られる、上澄みは精油で、その下にたまる水のこと。
ローズウォーター、ラベンダーウォーター、
オレンジフラワーウォーターなどは市販されています。
精油より香りは劣るものの、精油の成分を含んでいたり、
香りもほんのりする水です。

cms agent template0035/0036 ver1.001