アルコール

精油はアルコールにもよく溶けます。
ただ、アルコールはにおいが強いものが多いので、
精油の香りを損ってしますので、
香りのないものを選ぶことがとても大切です。
また、肌につける場合にもアルコールは使われるのですが、
精油を少量のアルコールで溶いてから、
更に精製水や芳香蒸留水を足して化粧水などを作ります。
アロマバスに使う場合も、この方法で良いでしょう。

基材に使われるアルコールは以下のとおりです。

<無水エタノール(エチルアルコール)>
コロンやスプレー、化粧水を作るときは
まず精油を少量の無水エタノールで溶いてから使います。
純度99%以上のものが薬局で販売されています。
また、精油が付いた容器や棒などを洗うのにも
これを使います。

<ウオッカ>
ロシアのお酒で、寒い地方でよく飲まれていますね。
おなじみのお酒のウォッカです。
無味無臭なのが特徴で、カクテルによく使われていますよね。
種類を問わず基材に使えます。
アルコール度数が高いほど、保存性が高くなります。

cms agent template0035/0036 ver1.001