植物油

精油は親油性をもっていることから、非常によく油と調和します。
様々な油がありますが、肌への影響を考えて
植物油を使うのが一般的です。
植物油は食用としても出回っていますが、
食用のものには添加物が化合されていることがありますので、
トリートメント用の無添加のものを選ぶようにしましょう。

油が肌に合うかどうかを試すパッチテストも必要です。
特に小麦油などは、アレルギー発作を引き起こす原因になりかねませんので
注意して使うようにしましょう。

よく使われる代表的な植物油を紹介します。

<スイートアーモンド油>
すべすべの使い心地で、優しく働く鎮静特性持ちます。よく使われるオイル。

<ホホバ油>
浸透性に優れて、酸化しにくい特性がありますが、低温で固まることも。

<オリーブ油>
酸化しにくく安定しています。

<マカデミアナッツ油>
皮膚の構造に近い脂肪酸を多く含むので、スキンケア向きです。

<植物性スクワラン>
オリーブオイルから抽出したスクワレンオイルを、水素結合させたもの。
浸透性が高く、安全面でも人気が高いです。

オイルは酸化しやすいので早めに使い切るようにしてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001