基材の種類

精油の作用を十分に得て、安全に楽しむためには
希釈をして薄めて使わなくてはなりません。

基材には色々種類があって、
主なものでは、アルコール、植物油、水性の基材、
ミツロウやクレイ(塩)が一般的です。
目的に合わせて使う機材を決めましょう。
例えば、化粧品なら無水アルコール、トリートメントには植物油、
アロマランプを使うときは、水で十分ですし、
リップやクリームにはミツロウなどを選ぶということになりますね。

精油だけでなく、基材にもそれぞれ特徴と効能があります。
品質や鮮度、添加物にも注意してくださいね。
肌質にあっているかどうかも確認しながら使うものは
慎重に選ぶようにしてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001