This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 基材の種類と役割

基材の種類と役割

基材と種類の役割について、なぜ希釈が必要なのか?基材の種類、植物油、アルコール、水溶性の基材、その他使われるモノについてわかりやすく説明

なぜ希釈が必要か

精油は植物由来の天然成分なのですが、その取り出し方によって、
相当濃縮されたカタチになっています。
減益をそのまま使わないように、必ず希釈して薄めて使い
取り扱いに十分注意するということは
アロマセラピーをする上で基本中の基本です。
<
なぜ希釈が必要かということをまとめると以下のようになります。
・原液は刺激が強すぎるから
・体内に有効成分を運びやすくするため

希釈するために使う材料を総称して基材といいます。
基材に使われる植物油は、キャリアオイルと呼ばれてます。
キャリア(carrier)は運ぶという意味があり、
有効成分を運ぶ働きがあります。

基材の種類

精油の作用を十分に得て、安全に楽しむためには
希釈をして薄めて使わなくてはなりません。

基材には色々種類があって、
主なものでは、アルコール、植物油、水性の基材、
ミツロウやクレイ(塩)が一般的です。
目的に合わせて使う機材を決めましょう。
例えば、化粧品なら無水アルコール、トリートメントには植物油、
アロマランプを使うときは、水で十分ですし、
リップやクリームにはミツロウなどを選ぶということになりますね。

精油だけでなく、基材にもそれぞれ特徴と効能があります。
品質や鮮度、添加物にも注意してくださいね。
肌質にあっているかどうかも確認しながら使うものは
慎重に選ぶようにしてくださいね。

植物油

精油は親油性をもっていることから、非常によく油と調和します。
様々な油がありますが、肌への影響を考えて
植物油を使うのが一般的です。
植物油は食用としても出回っていますが、
食用のものには添加物が化合されていることがありますので、
トリートメント用の無添加のものを選ぶようにしましょう。

油が肌に合うかどうかを試すパッチテストも必要です。
特に小麦油などは、アレルギー発作を引き起こす原因になりかねませんので
注意して使うようにしましょう。

よく使われる代表的な植物油を紹介します。

<スイートアーモンド油>
すべすべの使い心地で、優しく働く鎮静特性持ちます。よく使われるオイル。

<ホホバ油>
浸透性に優れて、酸化しにくい特性がありますが、低温で固まることも。

<オリーブ油>
酸化しにくく安定しています。

<マカデミアナッツ油>
皮膚の構造に近い脂肪酸を多く含むので、スキンケア向きです。

<植物性スクワラン>
オリーブオイルから抽出したスクワレンオイルを、水素結合させたもの。
浸透性が高く、安全面でも人気が高いです。

オイルは酸化しやすいので早めに使い切るようにしてくださいね。

アルコール

精油はアルコールにもよく溶けます。
ただ、アルコールはにおいが強いものが多いので、
精油の香りを損ってしますので、
香りのないものを選ぶことがとても大切です。
また、肌につける場合にもアルコールは使われるのですが、
精油を少量のアルコールで溶いてから、
更に精製水や芳香蒸留水を足して化粧水などを作ります。
アロマバスに使う場合も、この方法で良いでしょう。

基材に使われるアルコールは以下のとおりです。

<無水エタノール(エチルアルコール)>
コロンやスプレー、化粧水を作るときは
まず精油を少量の無水エタノールで溶いてから使います。
純度99%以上のものが薬局で販売されています。
また、精油が付いた容器や棒などを洗うのにも
これを使います。

<ウオッカ>
ロシアのお酒で、寒い地方でよく飲まれていますね。
おなじみのお酒のウォッカです。
無味無臭なのが特徴で、カクテルによく使われていますよね。
種類を問わず基材に使えます。
アルコール度数が高いほど、保存性が高くなります。

水溶性の基材

精油をアロマランプで使うときなど、
水を張った更に精油を垂らすと、見事に分離しますよね。
水溶性の基材なんて向いてないとも思いますが、
アルコール基材で溶かしたものを、
更に水性の基材で薄めるという使い方があります。
部屋にスプレーするデオウォーターやアロマスプレー、
化粧水、アロマバスなどにこの方法を使います。

<水(ミネラルウォーター、精製水)>
ミネラルウォーター、精製水、蒸留水など。
部屋にまくスプレーや、アロマランプ、アロマバスに使う場合は
水道水で問題ありません。
ミネラルウォーターは高度が高いものは化粧品には向きません。

<芳香蒸留水>
水蒸気蒸留法で得られる、上澄みは精油で、その下にたまる水のこと。
ローズウォーター、ラベンダーウォーター、
オレンジフラワーウォーターなどは市販されています。
精油より香りは劣るものの、精油の成分を含んでいたり、
香りもほんのりする水です。

その他の基材

植物油、アルコール、水、これらは全て液体でしたら、
その他にも基材はあります。固形の基材もありますよ。

<ミツロウ(ビーワックス)>
ミツバチが巣を作るときに分泌する液体のワックスで、
ろうそくや口紅を作る原料です。
クリーム類を作るときの基材にピッタリです。

<クレイ>
主成分が鉱物の粘土です。
肌の引き締め作用があるため、パックに適しています。

<グリセリン>
脂肪や油脂から取れる無色の液体で、保湿効果が非常に高いです。
ローションやクリームに加える使い方が有効です。

<塩・重曹・クエン酸>
天然の塩は数多くのミネラルを含んでいるので、
発刊作用があり、毒素を出す効果があるので、
精油を混ぜてバスソルトとして使うと効果的です。
重曹とクエン酸を組み合わせると、泡の出るバスソルトが作れますよ。

<ハチミツ>
パックの基材として使われ、肌の炎症を抑える効果があります。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001