This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 1級で出題される精油 > カモミール・ローマン

カモミール・ローマン

英名:Chamomile Roman
学名:Anthemis nobilis
別名:カミツレ、カモマイル
科名:キク科
産地:ドイツ、フランス、モロッコ、南アフリカ、イギリス
抽出部位:花
抽出方法:水蒸気蒸留法
代表的な成分:アンゲリカ酸エステル、カマズレン

植物のみずみずしいグリーンノートの中に、
リンゴを思わせる可憐な香りがほのかに漂わせつつも
しっかりと芯のある自己主張の強い香りです。

カモミールという名前は、
ギリシャ語で「地面のリンゴ」という意味を持つので、
その香りから由来しているのかもしれませんね。

痛みや緊張を和らげたり、恐怖の感情をほぐして、
心を落ち着かせる働きが期待できるので
小さな子供がむずがって泣いたり、かんしゃくをおこしたり
落ち着かないときなどに有効な香りです。
カモミール・ローマンは、カモミール系の精油の中でも
比較的効果が緩やかなので、子供にも安心して使えるのも特徴です。
安眠を助ける精油としてもよく用いられます。

婦人科系の症状を緩和するのにも適しています。
月経による不調や、便秘や下痢などで辛いときには
温湿布などを下腹部にあてる方法が有効です。

cms agent template0035/0036 ver1.001