ラベンダー

英名:Lavender
学名:Lavendula angustifolia
別名:ラベンダー・フレンチ
科名:シソ科
産地:イギリス、イタリア、日本、フランス、ブルガリア、オーストラリア
抽出部位:花と葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
代表的な成分:酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール

アロマセラピーで一番ポピュラーと言っていいほどの精油。
原産はヨーロッパの高原地帯で、日本では、そう、北海道が有名ですね。

ラベンダーの語源は、ラテン語で「ラワーレ」。
「洗う」という意味があり、ローマ時代に沐浴などに使われていたことに由来します。
はるか昔から香水の材料としても好まれている植物です。

まずはこの精油をきっかけにアロマセラピーに魅せられた方も多いはず。
「万能精油」と言われるほど使い方は様々な上に、
その作用は非常に穏やかで、小さな子供にも安心して使えます。

穏やかで心地よいフローラルの香りは、心を落ち着け優しい気持ちになります。
心身共々にリラックス効果があるので、
ベッドに就く前にアロマランプにラベンダーを数的落とせば、
温かみのあるランプの光と、柔らかなラベンダーの香りに包まれて
ここちよい深い眠りを得ることができるでしょう。

アロマセラピーの発見の元となった
火傷への効果のエピソードを持つのもこのラベンダー。
殺菌作用、不快なにおいやかゆみを抑えたり、皮膚の修を助ける作用もあり、
スキンケアやヘアケアによく使われます。

ティートリーとラベンダー、この2種類の精油だけは
肌に原液をつけても良いとされていますが、必ずパッチテストを行いましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001