This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 精油の抽出法 > 有機溶剤抽出法

有機溶剤抽出法

香りの成分を直接溶かし出す方法で、比較的歴史は新しい方法です。

ヘキサン、石油ベンゼンやエーテルなどの
揮発性の有機溶剤が入った溶剤釜の中に植物を入れ、
植物の芳香物質を溶剤に溶かし出し、
エチルアルコールを使って芳香成分を抽出します。
最近では、溶剤に液体ブタンや液化二酸化炭素が使われます。

ジャスミンや、ローズ、ネロリなどの花から
精油を抽出するのに熱や圧力をを使うと、
精油の香り成分が破壊されやすいので、この方法を用います。

油脂吸着法で得た精油と同じく、
この方法で得た精油もアブソリュートと呼ばれ、
商品名にAbsと記載されることもあります。
注意することですが、有機溶剤は毒性が強く、
少しでも免疫機能の低下やアレルギーの原因となりかねませんので、
必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

濃度がはきわめて高く、微妙な香りも再現した強い香りと
作用を持っているので、低濃度で使うのが原則です。

cms agent template0035/0036 ver1.001