This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 精油の抽出法 > 油脂吸着法

油脂吸着法

アンフルラージュとも呼ばれ、
ローズやジャスミンなどの花から高品質な精油を抽出する方法で、
歴史的に重要な方法でした。
非常に手間がかかるため、現在ではほとんど行われていません。
熱を加えると壊れてしまうような花の微妙な香りを
抽出するのに適した方法です。

植物を牛脂やラードに浸しておき、精油を吸収させます。
何度も花びらを取り替える作業を行い、
油脂に香り成分をいっぱいに吸着させたら
エチルアルコールで撹拌して香り成分を取り出します。
60〜70℃に熱した油脂に浸す温度法と
常温で行う冷侵法との、2種類が存在します。

香り成分がいっぱいに染みた油脂をポマードというそうです。
懐かしのおなじみの整髪料、ポマードのイメージそのままですね。

この方法で得た精油は厳密にはアブソリュートと呼ばれ、
同じ植物を水蒸気蒸留法で抽出した場合よりも
濃縮された精油を得ることができます。
ただし、溶剤が残る場合もあり、
アブソリュートと精油を別物とする見方もあります。

cms agent template0035/0036 ver1.001