圧搾法

柑橘類の果皮から精油を取り出す場合によく使われる方法で
読んで字のごとく、圧力をかけて搾り出します。
これらの精油は、果皮の色の付いた部分に含まれていて
昔は手作業で搾っていたのですが、
現在はローラーを使ったり、遠心分離機を使う方法が主流です。
ただし今でも手作業で搾ったものが、最上級とされています。

この方法の利点は、熱も水も使わないので
非常にフレッシュで、変質することなくそのままの香り成分を
抽出できることです。
逆に、品質が悪くなるのもとても早く、
搾りかすなど、不純物が混じることが多いという欠点があります。
フタをあけたら6ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001