This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 精油の抽出法 > 水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法

熱で蒸して、香り成分を取り出す方法です。
植物を専用の容器に入れ、水を沸騰させて蒸気を浴びせます。
直接熱い蒸気だけを、植物に当てる場合もあります。
こうすると植物の芳香成分は蒸発して、水蒸気に溶け出します。
この水蒸気を冷却官に送り込んで、気体の状態から液体に戻して
水分と精油に分ける方法です。

水より精油は軽いですから、上澄みが精油です。
このとき取れた水分は芳香蒸留水と言って、
芳香成分の中でも水に溶けやすいものを含みます。
精油より香りの質は落ちますが、やわらかく香る上品な水で、
手作りコスメなどにも利用できます。
ローズウォーター、ラベンダーウォーターなどがポピュラーです。

この方法は、比較的装置も簡単で、
コストもかからないためによく利用される方法ですが、
長時間熱を加えたり、水を使うため、
品質の変化が起こる植物もあり、向かない場合もあります。

直接蒸留法といって、植物を直接水の中に入れて
煮る方法もあります。

cms agent template0035/0036 ver1.001