This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 精油の抽出法

精油の抽出法

精油の抽出法について、精油の取り出し方、水蒸気蒸留法、圧搾法、油脂吸着法、有機溶剤抽出法といった難しい漢字なんですが、その内容をシンプルに解説

精油の取り出しかた

アロマセラピーで使う精油を作るために
植物の持つ天然成分をどうやって取り出すのか不思議に思いませんか?

100%のオレンジジュースや野菜ジュースは
果実を絞ったり砕いたりするのかなと
取り出す様子が具体的にイメージできますが、
果汁ではなく香りの成分ですから、検討がつきませんよね。

植物から精油を取り出す方法は大きく分けて4つあります。
よく使われる方法は水蒸気蒸留法で、柑橘類に関しては圧搾法がほとんどです。
その他2つの方法について、精油を抽出する方法として
現在ではほとんど使われない油脂吸着法なのですが、
伝統的な方法としてアロマセラピーの歴史においてとても重要です。
それに変わって、現在では、有機溶剤抽出法という方法も生まれています。

精油の成分にの性質によって、それぞれ適した抽出法が選ばれます。

水蒸気蒸留法

熱で蒸して、香り成分を取り出す方法です。
植物を専用の容器に入れ、水を沸騰させて蒸気を浴びせます。
直接熱い蒸気だけを、植物に当てる場合もあります。
こうすると植物の芳香成分は蒸発して、水蒸気に溶け出します。
この水蒸気を冷却官に送り込んで、気体の状態から液体に戻して
水分と精油に分ける方法です。

水より精油は軽いですから、上澄みが精油です。
このとき取れた水分は芳香蒸留水と言って、
芳香成分の中でも水に溶けやすいものを含みます。
精油より香りの質は落ちますが、やわらかく香る上品な水で、
手作りコスメなどにも利用できます。
ローズウォーター、ラベンダーウォーターなどがポピュラーです。

この方法は、比較的装置も簡単で、
コストもかからないためによく利用される方法ですが、
長時間熱を加えたり、水を使うため、
品質の変化が起こる植物もあり、向かない場合もあります。

直接蒸留法といって、植物を直接水の中に入れて
煮る方法もあります。

圧搾法

柑橘類の果皮から精油を取り出す場合によく使われる方法で
読んで字のごとく、圧力をかけて搾り出します。
これらの精油は、果皮の色の付いた部分に含まれていて
昔は手作業で搾っていたのですが、
現在はローラーを使ったり、遠心分離機を使う方法が主流です。
ただし今でも手作業で搾ったものが、最上級とされています。

この方法の利点は、熱も水も使わないので
非常にフレッシュで、変質することなくそのままの香り成分を
抽出できることです。
逆に、品質が悪くなるのもとても早く、
搾りかすなど、不純物が混じることが多いという欠点があります。
フタをあけたら6ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

油脂吸着法

アンフルラージュとも呼ばれ、
ローズやジャスミンなどの花から高品質な精油を抽出する方法で、
歴史的に重要な方法でした。
非常に手間がかかるため、現在ではほとんど行われていません。
熱を加えると壊れてしまうような花の微妙な香りを
抽出するのに適した方法です。

植物を牛脂やラードに浸しておき、精油を吸収させます。
何度も花びらを取り替える作業を行い、
油脂に香り成分をいっぱいに吸着させたら
エチルアルコールで撹拌して香り成分を取り出します。
60〜70℃に熱した油脂に浸す温度法と
常温で行う冷侵法との、2種類が存在します。

香り成分がいっぱいに染みた油脂をポマードというそうです。
懐かしのおなじみの整髪料、ポマードのイメージそのままですね。

この方法で得た精油は厳密にはアブソリュートと呼ばれ、
同じ植物を水蒸気蒸留法で抽出した場合よりも
濃縮された精油を得ることができます。
ただし、溶剤が残る場合もあり、
アブソリュートと精油を別物とする見方もあります。

有機溶剤抽出法

香りの成分を直接溶かし出す方法で、比較的歴史は新しい方法です。

ヘキサン、石油ベンゼンやエーテルなどの
揮発性の有機溶剤が入った溶剤釜の中に植物を入れ、
植物の芳香物質を溶剤に溶かし出し、
エチルアルコールを使って芳香成分を抽出します。
最近では、溶剤に液体ブタンや液化二酸化炭素が使われます。

ジャスミンや、ローズ、ネロリなどの花から
精油を抽出するのに熱や圧力をを使うと、
精油の香り成分が破壊されやすいので、この方法を用います。

油脂吸着法で得た精油と同じく、
この方法で得た精油もアブソリュートと呼ばれ、
商品名にAbsと記載されることもあります。
注意することですが、有機溶剤は毒性が強く、
少しでも免疫機能の低下やアレルギーの原因となりかねませんので、
必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

濃度がはきわめて高く、微妙な香りも再現した強い香りと
作用を持っているので、低濃度で使うのが原則です。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001