This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 精油を学ぶ > 精油をマスターする > ブレンドオイルとは?

ブレンドオイルとは?

アロマセラピーの精油の使い方を色々調べていると
「ブレンドオイル」「アロマレシピ」などの言葉に出会います。

精油は1つ1つそれぞれ香りが違って、効能も違います。
1種類1種類を楽しんでも良いのですが、2種類以上を混ぜて使うと、
香りや作用の相乗効果が得られ、より効果的に使うこともできるのです。

混ぜ方は基本的に自由で、決まりはありません。
好きなオイルを混ぜて使えばよいのですが、
やはり精油同士の香りの相性があり、好みに依存するとはいえ、
どうにもならない香りが出来上がる場合もあります。
これも楽しみのひとつなのですが。(^v^;

このように精油と精油を混ぜたものを「ブレンドオイル」といいます。

このブレンドオイル、ネットで検索すればよく解るのですが
色々な調合方法が症状にあわせて紹介されています。
この作り方、ブレンドの割合を「アロマレシピ」と呼んだりします。

トリートメントに使う「トリートメントオイル」は
植物油などの基材で精油は希釈されています。
またアロマランプ用に作られた「フレグランスオイル」は、
お香と同じように香りを楽しむためのもので、
希釈され合成成分も加わっていて、純粋な精油の効果は期待できません。

「精油=エッセンシャルオイル」です。
色々オイルがありますが、混同しないようにしましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001