精油の特徴

アロマセラピーで用いる精油について
大きな特徴は3つあり、以下のとおりです。

<芳香性>
それぞれ特徴的な香りがあります。

<揮発性>
置いておくと蒸発して空気中に散っていきます。

<親油(油溶)性>
精油は水には溶けにくいのですが油に溶けやすいです。

これらの精油の特徴を十分に生かして、
芳香浴、トリートメントなどで
香りや成分を体内に取り入れて楽しめる方法が
一般的に広まっていますね。

cms agent template0035/0036 ver1.001