沐浴法

お風呂だけでもリラックスするのに、そこにアロマセラピーを取り入れると、
製油の持つ薬理効果、心理的効果に加え、
入浴のリラックス効果がプラスされ、新陳代謝が活発化しますので
お互いの相乗効果で、よりゆったりと
良い効果を得られることが期待できますね。

注意することは、精油はお風呂のお湯に溶けにくいので、
そのまま垂らすと原液が直接肌に付く危険が大いにあります。
キャリアオイルや天然塩で希釈してから使用してくださいね。
肌に刺激を感じたときは、すぐに洗い流しましょう。

キャリアオイルは基材の項で詳しく説明しますが、
植物由来の油のことです。アロマバス用のオイルも販売されています。

沐浴法には、全身浴、半身浴、部分浴の種類があります。

<全身浴>
少しぬるめのお湯に、キャリアオイルで希釈した精油を
5滴を上限に加えて、よくかき混ぜて、
香りが立ったところでゆっくりつかります。

<半身浴>
浴槽に半分ぐらいのお湯を張って、
キャリアオイルで希釈した精油を、3滴を上限に加えて
よくかき混ぜて、香りが立ったところでゆっくりつかります。
汗が出るまでゆっくりと時間をかけてつかりましょう。

<部分浴>
足浴、手浴は、洗面器などにお湯を張って、
キャリアオイルで希釈した精油を3滴以下垂らして、
良くかき混ぜてゆっくり浸します。

風邪を引いたときや、怪我をして全身浴が無理なとき、
ちょっと気分を変えたいときや
高齢者の方にも部分浴はオススメです。

cms agent template0035/0036 ver1.001