湿布

湿布ですが、これも手軽にできる方法です。

ただし、精油の成分を肌に当てるわけですので、
肌の状態には十分気をつけてくださいね。

1)洗面器などにお湯か水を張り、精油を3滴を上限に垂らす。
2)タオルを浸して、固く絞って湿布する場所にあてる。

一般的に、急性のトラブルには冷たい湿布、
慢性のトラブルには温かい湿布が良いようですが、
お腹が痛いとか、月経痛が辛いなんていうときは、
温かい湿布を下腹部に当てるほうが効果的でしょうね。

cms agent template0035/0036 ver1.001