This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマの楽しみ方 > アロマの安全な楽しみ方 > 精油の望まれない作用

精油の望まれない作用

アロマセラピーに使う精油は
「心と体によい作用をもたらします」とご紹介してきましたが、
実はそれだけではなくて、体に害をもたらしたり、
危険をはらんでいることが多々あります。

例えば、殺菌作用が強い精油は、
人に対しても殺菌作用が強いということになり、
皮膚に対して強い刺激を持つということにもなりますよね。

ここでは精油が持つ、望まれない作用を挙げてます。

1・皮膚・粘膜刺激
 フェノール類や、アルデヒド類を含む精油の中には、
 刺激の強いものがありますので、注意して使いましょう。

2・光毒性
 柑橘系の精油は紫外線によって皮膚と反応して、
 シミや水泡、赤みなど肌のトラブルを起こします。
 柑橘類の精油を使った部位は、
 日光にさらさないように気をつけましょう。

3・感作
 人によっては、アレルギー反応を引き起こす場合があります。

これらは大きなトラブルを引き起こす原因になりかねませんので
特に注意してくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001