This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマの楽しみ方 > アロマの安全な楽しみ方

アロマの安全な楽しみ方

アロマセラピーを安全に使い楽しむための基礎知識。精油の望まない作用と効果、取り扱い時の注意点、アロマを安全に楽しむために守らなければいけないことなど楽しみ方をアドバイス

精油の望まれない作用

アロマセラピーに使う精油は
「心と体によい作用をもたらします」とご紹介してきましたが、
実はそれだけではなくて、体に害をもたらしたり、
危険をはらんでいることが多々あります。

例えば、殺菌作用が強い精油は、
人に対しても殺菌作用が強いということになり、
皮膚に対して強い刺激を持つということにもなりますよね。

ここでは精油が持つ、望まれない作用を挙げてます。

1・皮膚・粘膜刺激
 フェノール類や、アルデヒド類を含む精油の中には、
 刺激の強いものがありますので、注意して使いましょう。

2・光毒性
 柑橘系の精油は紫外線によって皮膚と反応して、
 シミや水泡、赤みなど肌のトラブルを起こします。
 柑橘類の精油を使った部位は、
 日光にさらさないように気をつけましょう。

3・感作
 人によっては、アレルギー反応を引き起こす場合があります。

これらは大きなトラブルを引き起こす原因になりかねませんので
特に注意してくださいね。

精油を取り扱うときの注意

精油は植物由来の天然成分ですが、
自然界に存在する状態に比べると相当凝縮されていますので
取り扱いには注意が必要ということを忘れないようにしてください。

以下、精油の取り扱いで気をつけるべきことです。

1・原液を直接肌につけないこと。
2・原液を内服しないこと。
3・目に入らないように気をつけましょう。(万一入ったらすぐに水洗い)
4・子供やペットがいたずらしない場所で保管しましょう

アロマセラピーはあまりにも身近でお手軽で、
精油はいい香りのものなので、危険があることを忘れがちです。

例えば、ベルガモットの精油をアロマランプに垂らすとき、
手に付かないように、近くに子供がウロウロしてないか、
周りにハネてないかなど気をつけるなど、
あまり難しく考えずに常に意識を持つことが、予防になります。

市販されてロック付きキャップになっていることがほとんどですが、
使ったらしっかり閉めて保管してくださいね。
小さなビンは、子供が簡単に飲み込めてしまうサイズです。

安全に楽しむために守るべきこと

危険なことをしっかり覚えて守れば、
安全にアロマセラピーを楽しむことができますね。
そのためにも、注意しておかなけらばならないことを覚えましょう。

・精油の保管は密閉にて冷暗所で保存しましょう。

・高齢者の方、何か病気を患っている方への使用は、
 体調の変化を見ながら気をつけて使いましょう。

・3歳以下の子供への使用は、芳香浴にとどめておきましょう。

・3歳以上の子供へ使用する場合も、
 体調の変化に注意した上で、大人より薄く希釈して
 精油の使用量を減らすなどの加減が必要です。

・妊娠の疑いがある、妊婦への使用は要注意です。
 女性ホルモンに作用する、月経を促進させる作用がある精油は
 流産を招く危険性があるので、専門医へ相談しましょう。

・てんかんを患う人への使用は避けましょう。
 発作を誘発したり、心臓に負担をかけたりするものがあります。
・光毒性のありう精油の取り扱いには、くれぐれも注意しましょう。

これらはアロマセラピーを使う上で、自己責任です。
特に、人に対して使う場合は、より注意してくださいね。

湿布

湿布ですが、これも手軽にできる方法です。

ただし、精油の成分を肌に当てるわけですので、
肌の状態には十分気をつけてくださいね。

1)洗面器などにお湯か水を張り、精油を3滴を上限に垂らす。
2)タオルを浸して、固く絞って湿布する場所にあてる。

一般的に、急性のトラブルには冷たい湿布、
慢性のトラブルには温かい湿布が良いようですが、
お腹が痛いとか、月経痛が辛いなんていうときは、
温かい湿布を下腹部に当てるほうが効果的でしょうね。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001