This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 分析とメカニズム > アロマセラピーのメカニズム

アロマセラピーのメカニズム

アロマテラピーをすることで、なぜ心とカラダが癒されるのか?香りの作用、効果などメカニズムについて。ニオイの伝達の仕組み。アロマの精油がカラダにもたらす詳しい作用などわかりやすく解説

香りが心を癒すしくみ

漠然と香りが心に作用しているということは経験から解るのですが、
香りや、香りに含まれた成分が、
どこから入ってどう作用していくかということは、
これだけ医学が進んでいる今でも、
ハッキリと解明されているわけではありません。

現在解っていることは、精油が心身に働きかける経路は
大きく分けて4つのあると言われています。

1・鼻(嗅覚)を通して、嗅細胞から大脳へ伝わる。
2・呼吸(吸入)によって肺に送られ、血液に入る。
3・皮膚を通して体内に浸透し、血管に入る。
4・経口内服によって消火器から吸収する。

このように体内に入った成分は、血液に乗って体に作用したり
脳への伝達により、生理機能をコントロールすると言われています。

4つの経路があるということは覚えておかなければなりませんが
精油を内服することは、やめておきましょう。
フランスでは医師の指導の下、内服する治療法もありますが、
素人が自己判断で飲むと、大きな危険を伴う場合がありますので
精油を口にすることは止めてくださいね。

においの伝達

鼻から吸い込んだ香りが、体内でどう伝わっていくのか
順を追ってみてみましょう

においの成分は、まず揮発して、
揮発成分は空気と共に鼻から吸い込まれます。
鼻の奥には嗅上皮(きゅうじょうひ)があり、その粘膜に溶け込みます。
嗅細胞が出している毛(嗅毛)が香りを受けて
嗅神経細胞が興奮します。

そうするとその信号は、電気的インパルスとなって、神経線維を伝わり
大脳辺縁系へたどり着き、においとして感知して、
大脳皮質へと作用して、香りに対して意識を作り、認識されます。

そして嗅覚の特徴として、
その人によって心地よい香りは自動的に体のバランスを整え、
気持ちを落ち着けたり、ポジティブになったり精神面でも作用し、
心身のバランスを改善してくれます。

「わぁ、いい匂い」「臭い!」と思う一瞬に
これだけ複雑なことが体内では起こっているのですね!

精油が体にもたらす作用

鼻、皮膚、口から体内に入った精油に含まれる成分は、
私達の心や体のどの部分にどう作用しているのか、
代表的なものを挙げてみましょう。

<心身への作用>

1・鎮静作用(神経に作用して心身を落ち着け、眠気を誘われます)
2・鎮痛作用(痛みを緩和します)
3・鎮痙作用(筋肉の緊張を解します)
4・消化・食用増進作用(胃腸に働きかけます)
5・ホルモン調節作用(ホルモン分泌を調節します)
6・刺激作用(心身の活動を司どる部分を刺激します)
7・強壮作用(心身の活力を高めます)
8・免疫賦活作用(免疫力を上げて、活性化します)
9・利尿作用(スムーズな排泄を促します)

<皮膚への作用>

1・アストリンゼント作用(収れん効果、毛穴を引き締めます)
2・保湿作用(モイスチャー効果、潤いを保ちます)
3・エモリエント作用(肌をやわらかく保ちます)

<細菌やウィルス、虫などに対する作用>

1・細菌作用(バクテリアや菌を殺します)
2・抗菌作用(細菌の繁殖を抑えます)
3・真菌作用(カビの繁殖を抑えます)
4・抗ウイルス作用(ウイルスの繁殖を抑えます)
5・殺虫・虫除け作用(虫を殺したり、寄せつかせないようにします)

1つの精油が複数の作用を持っていて、
2種類以上ブレンドすることにより香りが更によくなったり、
相乗効果も期待できます。
それぞれの特徴をよく覚えて、
自分に合った使い方が出来るようになりたいですね。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001