This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > 分析とメカニズム > アロマセラピー検定試験分析 > こんな人は2級がオススメ

こんな人は2級がオススメ

2級の出題範囲を見てみると、

・アロマセラピーの利用法
・安全のための注意
・精油のプロフィール(対象10種類)
・採油の基礎知識
・アロマセラピーの歴史

と、なっています。

これは、自分の日々の生活にアロマセラピーと取り入れて、
楽しみたい人が、最低限知っておきたい知識の範囲です。

対象となる精油は10種類で、

イランイラン、オレンジ・スイート、ジェニパー、ゼラニウム、
ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー
レモン、ローズマリー

と、なっています。

比較的手に入りやすく、アロマセラピーでよく使われる代表的な精油で、
どれも香りは特徴的で、香料としてなじみのあるものも
揃っているので、解りやすいですね。
嗅ぎ分けのテストもありますので、香りに慣れておきましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001