This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマセラピーについて > アロマセラピーって何? > アロマセラピーの定義

アロマセラピーの定義

アロマセラピー協会のホームページから抜粋すると
このように定義されています。

アロマセラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法である。
アロマセラピーの目的は以下のとおりである。

1.リラクセーションやリフレッシュに役立てる
2.美と健康を増進する
3.身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

いい香りを嗅いで、なんだかいい気分になったり、
逆に嫌いな香りを不意に嗅いで、ため息が出てしまうことって
日常生活でもありますよね。
香りというのはどこか私たちの体に作用しているということは
このことからも感じられます。

アロマセラピーで使うのは植物の香りです。
その香りは人間に色々と働きかけ、
そして効果という形で恵みをもたらしてくれます。
このような作用を利用して、
毎日を豊かに、健康的に過ごそうという療法が
アロマセラピーなのです。

cms agent template0035/0036 ver1.001