This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP > アロマセラピーについて > アロマセラピーの魅力 > ハーブとアロマセラピーの違い

ハーブとアロマセラピーの違い

ハーブとアロマセラピーは、どちらも植物の力を使って
心身に働きかけるものなのですが、どこに違いがあるのでしょうか?

まず、ハーブというのは、
日本語では「薬草」や「香草」と訳されます。
日本でおなじみのシソやパセリもハーブの仲間ですし、
ペパーミントや、バジルなど、数をあげればキリがありません。

アロマセラピーは植物から抽出した
「精油」というものを使うのが大きな特徴で、
これらの生活に役に立つハーブからももちろん精油は取れます。

ハーブを定義することはとても難しいのですが
「西洋の漢方」という風に考えるとわかりやすいようです。
例えば、生薬の「迷迭香」は「ローズマリー」、「香茅」は「レモングラス」など
ハーブの名前は、生薬名にあたるからです。

またハーブは料理に使ったり、ハーブティーに使ったり
食用に出来ることも特徴で、
アロマセラピーに用いる精油は
原則として食用にすることはできません。

cms agent template0035/0036 ver1.001