This page:アロマセラピー資格検定をやさしく解説 TOP

アロマセラピー
アロマセラピーのインストラクター資格や検定を合格するための学校やスクールで教えてもらえるような堅苦しいアドバイスだけでなく、アロマセラピーアソシエイツの魅力、アロマの歴史といった知識や基本的な楽しみ方からいろいろな効能や活用法も特集。当サイトの情報が少しでも参考となれば幸いです。

アロマテラピーについての魅力について、アロマが暮らしに与える影響、アロマセラピーが生まれたときから普及した現在までの歴史といった基本的な知識についてわかりやすく説明

アロマテラピーのどこにハマるほどの魅力があるのか?その理由について話していきます。生活面での魅力、医療にも役立つのか?舞踊、健康面での活躍、ハーブとの違いなどについて

アロマセラピーって一体何なのか?リラクゼーション、リフレッシュに役立つ香り、アロマや精油に期待できる効果効能、日常的な部分で他にも活躍できる場について

アロマテラピーのある生活について。不調を整える成分を含む精油で体調を管理する、大好きなニオイで快適な空間を造る、アロマバス、フットバス、消臭といった生活面での活用法

アロマテラピーが日本で普及したキッカケとは?香りが癒しと結ぶつくようになった原因、古代のアロマセラピー、植物療法の歴史、ホリスティックケアとしての活用、海外でのアロマセラピーなど

アロマテラピーのメカニズム、アロマセラピーの検定試験を徹底分析しています。検定を受ける理由、資格の概要、日本アロマ環境協会や受験フロートの説明、勉強の仕方など

アロマテラピー検定試験を細かく分析していきます。どんなヒトに向いているのか?資格の概要と歴史、1級、2級がオスウスメなヒトたち。受験フローチャート、合格するための勉強の仕方について

アロマテラピーをすることで、なぜ心とカラダが癒されるのか?香りの作用、効果などメカニズムについて。ニオイの伝達の仕組み。アロマの精油がカラダにもたらす詳しい作用などわかりやすく解説

アロマライフの楽しみ方について特集しているカテゴリです。使用時のルールで気をつけなければいけない注意点から、トリートメント、湿布、沐浴法といった少々変わった活用法までアドバイス

アロマセラピーを安全に使い楽しむための基礎知識。精油の望まない作用と効果、取り扱い時の注意点、アロマを安全に楽しむために守らなければいけないことなど楽しみ方をアドバイス

アロマの基本的な楽しみ方を学んだ後の応用の仕方について。芳香浴法、沐浴法吸入法、トリートメント、湿布、手作りスキンケア用品、精油のスキンケア、効果予防医学、ケア・バイ・マイセルフなど

アロマ使用時の最低限のマナーとルールを知っておこう!精油、アロマに関する法律、トリートメントの禁止行為、自分で作り、使う場合の注意点など

精油の基本的な知識を勉強しよう!精油とは何なのか?特徴について、普通の油やハーブとの違い、精油の元となる植物の知識。イメージワーク、ブレンドオイルなど

精油の知識をマスターしよう!精油とは何?油との違い、イメージワーク、ブランドオイルを作るアロマレシピといったモノの活用法などについてわかりやすく説明しています

精油の抽出法について、精油の取り出し方、水蒸気蒸留法、圧搾法、油脂吸着法、有機溶剤抽出法といった難しい漢字なんですが、その内容をシンプルに解説

アロマセラピー資格検定1・2級で出題される精油について。イランイラン、オレンジ・スイート、ジュニパー、ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー、

アロマテラピー資格検定1級で出題される精油、カモミール・ローマンクラリセージ、グレープフルーツ、サンダルウッド、スイートマジョーラム、ネロリ、フランキンセンス、ベルガモット、レモングラス、ローズオットー

基材と種類の役割について、なぜ希釈が必要なのか?基材の種類、植物油、アルコール、水溶性の基材、その他使われるモノについてわかりやすく説明

アロマセラピー(アロマテラピー)の資格を取得後に仕事面や生活面での活かし方について具体的にアドバイス。資格を活かす分野、新たな上位資格を目指す、など

資格を取った後の使い方はどうするのか?上位資格を目指すアロマ関係の資格、アロマセラピーアドバイザー、アロマセラピーインストラクター、アロマセラピスト、アロマに関わる人の心得

アロマをいかせる分野について紹介していきます。医療、教養、販売グッズなどをはじめとする代表的な分野からアロマセラピーサロン、福祉といった人助けまで

cms agent template0035/0036 ver1.001